浮気が確定した後はどう行動するか?

残念ながら相手の浮気が確定した場合どう対処するべきか?
相手と話し合い関係を修復する意思が互いにある場合には浮気相手との関係を解消させ再構築することになります。


その逆に相手を信用できなく今後も関係維持が無理な場合、既婚者は離婚という形で解決をはかります。
いずれの行動にしても相手との会話は必要となりますが気をつけておきたいのは二人だけで話し合いの場を設けないこと。


可能な限り第三者立会いのもとで話し合いを行いうことが潤滑に話を進める方法です。
理由として浮気した側が口がうまかったり暴力的な場合、言いくるめられたり暴力で屈服させようとするからです。それを避けるために互いの両親や親しい知人に事情を話し同席してもらうことです。


上記は再構築前提の場合ですが、方針がすでに離婚と決めている場合はもめないように弁護士を同席させて話し合いをすすめましょう。用意周到な人は弁護士同席の時にすでに離婚条件など書類にして相手につきつける方法を取る人もいますが、相手側が感情的になってもめる原因にもなりかねないので弁護士と打ち合わせしたうえで話し合いに望みましょう。